片岡昌アーカイブ・プロジェクト > 片岡昌 展示情報

カテゴリ: 片岡昌 展示情報

予告:日本橋アークネス・アート・ギャラリーにて片岡昌展(5/9〜5/30)

※開催予定を更新しました。

先日、片岡昌の次回展覧会の打ち合わせのため、日本橋のアークネス・アート・ギャラリーを訪問しました。


黒壁のフロア(改装中)


白壁のフロア
(アークネス製品のバッグ展示中)

アークネス・アート・ギャラリーには2つのフロアがあり、それぞれ黒壁・白壁と対照的な内装になっています。今回は、ここに LIFE / DESIGN という2つのテーマでの展示を行います。片岡昌の作品に宿る生命力と、デザインの面白さを堪能いただける展覧会になります。昨年の展覧会でも未展示の旧作もたくさんあり、最新作(仮面2点)も展示予定です。是非お越し下さい。展示内容の詳細など、このブログで報告していきます。

■アークネス・アート・ギャラリー グランドオープン記念展
片岡昌 LIFE / DESIGN
2011/5/9(月)-5/30(月)
12:00-20:00 (土日は11:00-18:00, 会期中休館日無し)

アークネス・アート・ギャラリーを運営しているアークネス・ジャパン株式会社はバッグを制作しています。こちらは、白壁のギャラリーフロアでショーケースとして展示中のバッグの中から、お気に入りのバッグを見つけて肩にかけている片岡昌の写真です。

なぜバッグを肩にかけているのかは…次回の更新でお知らせします。


片岡昌 新作個展『影 陰 翳』@銀座ギャラリーGK 12/6〜12/11開催

12/6より、銀座のギャラリーGKにて、片岡昌の個展『影 陰 翳』を開催します。

今夏の企画展後、初めての新作個展になります。まだまだ広がる、新たな片岡昌の世界にご注目下さい。

片岡昌『影 陰 翳』
2010年12月6日(月)〜11日(土) 12:00〜19:00 (最終日PM5:00まで)
ギャラリーGK (地下鉄銀座駅B5出口,地図,TEL 03-3571-0105)


沼津『ストリート今昔』展示風景

ぬましんストリートギャラリー での個展『ストリート今昔』、展示開始当日夜の展示風景です。会場等の詳細は 展示・公演予定 をご覧下さい。

街路に面した展示場所のため、美術館や画廊での展示と異なり偶然通りがかった多くの方に見ていただく事ができます。なかなかインパクトのある展示になっている様で、予想以上に多くの方に(本当に、通りがかった殆ど全ての方に)足を止めて見て下さる事ができ作家も喜んでいました。お近くの方は是非見にいらして下さい。

沼津は東海道線の駅ですので、東京方面からは新幹線で1〜1.5時間、鈍行でも2〜2.5時間で到着します。お近くにお寄りの際は是非お寄り下さい。

本日10月10日は同じ建物の4Fにて人形劇団ひとみ座「ひょっこりひょうたん島 泣いたトラヒゲの巻」の公演があります。当日券でいらっしゃる方はかならず主催へご確認を。(詳細)


沼津で個展『ストリート今昔』と公演『ひょっこりひょうたん島 泣いたトラヒゲの巻』

10月7日からは静岡県沼津の ぬましんストリートギャラリー にて個展『ストリート今昔』がスタートします。沼津信用金庫本店のショーウインドウを利用した、屋外の歩道から見るギャラリーでの展示です。この場所に合わせ、戦時中と現代、2つの時代のストリートをテーマとしたインスタレーション作品を展示します。

また10月10日には同じ建物の4F、ぬましんホールにて人形劇団ひとみ座「ひょっこりひょうたん島 泣いたトラヒゲの巻」の公演があります。こちらもお見逃し無く!

どちらも詳細は 展示・公演予定のページ をご覧下さい。


組立板立体 超次元の造形作品 III 片岡昌展 展示紹介(6)


アフリカンマザー(2002)


踊る(1994)


丸太脱出彫刻(1983-1986?)

片岡昌展 超次元アートと『ひょうたん島』 ポスター・チラシにも登場する『アフリカンマザー』は高さ3mにも及ぶ大きな作品ですが、収納時・運搬時には板状の各パーツをバラバラにし、積み重ねて保存・移動ができます。(アフリカンマザー組み立て作業写真

『組立板立体』と名付けられたこの手法は、等身大よりやや小さい作品から2〜3メートルに及ぶ大きな作品まで、多数の作品に応用されています。それぞれのパーツはランバーコアという合板を糸鋸で切り抜き、木製のクラフトキットの様に組み合わせて立体が形作られています。それぞれのパーツの輪郭が人体の稜線を表しているだけなのですが、各パーツが色を塗られ、組み合わせられる事で人体の存在感まで感じられます。平面的な形状の組み合わせで立体的な形状が形が作られる面白さも超次元アート的です。

実は片岡は83年ごろには『丸太脱出彫刻』という丸太から人体を彫り出す作品を多数制作していました。しかしこの制作作業にあまりに集中したため1年も肩が上がらなくなり、後年の組立板立体の様なより効率の良い制作方法を生み出す一因となりました。

片岡昌が利便性を考慮した制作方法によって効率よく効果的な表現を生み出している事は、劇を演じる上での実用性が求められる劇人形制作を出自とする作家ならではの特徴であると言えます。この事については片岡昌展カタログ掲載の熊谷薫の文章に詳しいので是非ご参照下さい。

紹介した作品は、10月5日まで「片岡昌展 超次元アートと『ひょうたん島』」にて展示しています。(もう会期も終了に近いですが、紹介し残した内容がありましたのでいくつか掲載したいと思います)

『埋もれし時』『ちまた』の2シリーズでは、『組立板立体』の技法も使いながら、板を重ねたり組み合わせて削る事で複雑な曲面を作り出しています。これらの両作品は、「超次元アートと『ひょうたん島』」終了後も沼津の「ストリート今昔」にて展示いたします。


『埋もれし時』展示風景

[片岡昌展]会期残り5日!と、今後の展示予定

片岡昌展 超次元アートと『ひょうたん島』も残り1週間を切りました。最終日は10/5,来週の火曜日です。この土日は最後の週末なので、行こうと思って延ばし延ばしにしていた方は必ず来て下さい。これを逃すと次にいつ見れるかわからない作品が沢山あります。(関東方面からの日帰りガイド

10/7〜11/2 は同じく静岡県の「ぬましんストリートギャラリー」(沼津信用金庫本店1F,沼津駅近く)にて、個展「ストリート今昔」が開かれます。街路に面した約20mの展示スペースに、ストリート・街を行く人々を描いた「埋もれし時」「ちまた」の2シリーズを展示します。10/10には、同じ建物の4Fホールにて舞台版ひょっこりひょうたん島「泣いたトラヒゲの巻」の上演もあります。詳細は展示・公演予定のページをどうぞ。

10/11〜10/16 には銀座のギャラリースペースQにて個展「WAR x LOVE」が開かれます。あまり紹介される機会の無かった、風刺作品にスポットを当てた個展です。

12月?には新作の個展が予定されています。こちらもお楽しみに!


[片岡昌展]9月の三連休は、人形操作ワークショップ,ギャラリートーク,人形劇団ひとみ座公演

開催中の片岡昌展 超次元アートと『ひょうたん島』、いよいよ残り1ヶ月を切りました。9月の3連休の19日[日曜]と20日[月曜祝日]は、それぞれ人形操作ワークショップとギャラリートークを実施します。会期中最後のイベントとなりますので、是非お越し下さい。(イベントスケジュール

9月19日は人形劇団ひとみ座スタッフによる、実際に人形操作を体験できるワークショップを行います。基本的な「手遣い人形」と、テレビでおなじみの「棒遣い人形」を体験いただけます。時刻は 11:15 からと、 13:15 からの2回となります。

9月20日は片岡昌アーカイブ・プロジェクトのキュレイターによるギャラリートークを行います。展示作品を見ながら、その見所、作家と作品に関するエピソード等をお楽しみいただけます。時刻は 11:15 からとなります。

また、9月20日には同じ伊東市の 伊東市観光会館ホール にて、人形劇団ひとみ座による『人形芝居 ゲゲゲの鬼太郎 決戦!竜宮島』公演が行われます(公演情報, 劇の詳細)。水木しげる氏の魅力的なキャラクター達を、片岡昌が劇人形として立体化。人形劇ならではのからくりや仕掛けを用いて、舞台をいっぱいに使った迫力ある劇に仕上げています。

19日は人形操作ワークショップに参加して、翌日は人形劇公演と2日に渡って伊東と人形劇をお楽しみいただいてもいいですし、9月20日のギャラリートークにご参加いただき、その後人形劇公演を観劇いただく事も可能です。(ギャラリートークは公演に間に合う時間に終了します)公演のチケットについては 伊東市振興公社 0557-37-7135 へお問い合わせ下さい。


[片岡昌展]『オリジナル版展示強化週間』終了、明日は水曜休館、明後日より通常展示です。

片岡昌展 超次元アートと『ひょうたん島』、『ひょっこりひょうたん島 オリジナル版 展示強化週間』(写真)は本日8月31日で終了、明日9月1日は休館日で、2日から通常展示となります。
会場の池田20世紀美術館は、7,8月は休館日無しで開館しておりましたが、9月からは水曜日休館となります。ご注意下さい。展示もあと1ヶ月!今回見逃すとなかなか見る機会の無い作品も沢山ありますので、皆様どうぞお越し下さい。伊東は東京方面の方も日帰りで十分楽しめる立地です。意外と近い、伊東の片岡昌展【首都圏向け記事】 をご参考にどうぞ。


「ひょっこりひょうたん島 オリジナル版展示強化週間」と舞台版「ひょうたん島」

昨日お知らせした、『ひょっこりひょうたん島 オリジナル版 展示強化週間』始まりました。写真をアップします。入れ替え内容の詳細は、昨日の記事をご覧下さい。

この展示替えで入れ替わったリメイク版の人形は、福島での人形劇団ひとみ座公演「ひょっこりひょうたん島 泣いたトラヒゲの巻」で使用されます。この舞台版オリジナルストーリーの「ひょうたん島」、脚本はもちろん井上ひさし・山元譲久で、テレビオリジナル版の声優達の吹き込んだテープにあわせて上演されます。ひょうたん島ファンの方は是非どうぞ。詳細は 展示・公演予定のページ や、 主催:こむこむによる情報 をご覧下さい。


[片岡昌展]明日より『ひょっこりひょうたん島 オリジナル版 展示強化週間』です。

開催中の片岡昌展 超次元アートと『ひょうたん島』、明日8月25日から8月31日まで『ひょっこりひょうたん島 オリジナル版 展示強化週間』展示替えを行います。


ドン・ガバチョ
左からオリジナル,リメイク

以下の展示がなくなります。(「ひょっこりひょうたん島 泣いたトラヒゲの巻」福島公演のため)

  • リメイク版 トラヒゲ,ガバチョ,サンデー,ダンディ,ムマモメム
  • リメイク版 ハカセ,チャッピ,ダンプ,テケ,プリン,キッド,ライオン
  • リメイク版 パトラ,ペラ,ルナ
  • リメイク版 ガラクータ,トーヘンボク,ドタバータ,ヤッホー

替わりに、以下のオリジナル版の人形をご覧頂けます。

  • ドン・ガバチョ,トラヒゲ (通常時も展示中)
  • ライオン
  • ガラクータ,トーヘンボク,ドタバータ,ヤッホー
  • パトラ,ペラ,ルナ (通常時も展示中)
  • しゅう長(ライオン王国シリーズ)
  • ピッツ長官(ブルドキアシリーズ)
  • ブル元帥(ブルドキアシリーズ)
  • アルセーヌ・クッペパン(魔女リカシリーズ)
  • マリー(通常時も展示中)
  • ボスケ王(アンコロピン王国シリーズ)
  • ジョウ(グッバイジョウシリーズ)
  • パット・ロール(グッバイジョウシリーズ)
  • シエラザード(アルカジル王国シリーズ)
  • アノネ(ウクレレマン・ダンシリーズ)
  • ドン・キホーテ(カンカン王国シリーズ)
  • マーガレット・バッツィドール(ガン・マンシリーズ)

オリジナル版はダメージの激しい人形もありますが、なかなか見る機会のない懐かしいキャラクター達をお楽しみ下さい。

まだお読みでない方は、解説記事 ひょっこりひょうたん島の劇人形(リメイク版,オリジナル版,パイロット版) 片岡昌展 展示紹介(1) もどうぞ。パイロット版の人形は常時展示しております。