10/23まで あいちトリエンナーレ2016並行企画事業『人類と人形の旅~human with puppet~』会場に人形展示

あいちトリエンナーレ2016並行企画事業『人類と人形の旅~human with puppet~』という人形劇の連続公演の関連企画として、会場に片岡昌の人形が展示されています。『特別展示「ひょっこりひょうたん島の世界」』、『人形美術家展』と企画が分かれていますがどちらも同じ会場で、10/23までの展示です。

展示の詳細は 『人類と人形の旅~human with puppet~』関連企画のページ をご覧ください。

共通の情報

会場: 損保ジャパン日本興亜名古屋ビル1Fエントランス (地下鉄桜通線 久屋大通駅 地図)
入場無料
お問い合わせ: 愛知人形劇センター 052-212-7229

特別展示「ひょっこりひょうたん島の世界」

2016年8月22日[月]~10月23日[日]

人形美術家展

2016年8月11日[木祝]~10月23日[日]
出展作家:
川尻泰司「ファウスト博士」(人形劇団プーク)
片岡昌「狂人教育」(人形劇団ひとみ座)
飯室康一・山田俊彦「平太郎化物日記」(ITOプロジェクト)
福永朝子「オンディーヌ」(人形劇団むすび座)

『人形美術家展』に展示の『狂人教育』は寺山修司脚本による、タイトルにふさわしい刺激的な人形造形が魅力的な作品です。展示の機会もあまり多くないので、ぜひこの機会にご覧ください。


6/25より シアターΧ 国際舞台芸術祭2016 『生きている芸術家を走らせる、画狂人! 北斎』に作品展示

6月25日[土]よりギャラリーΧ(両国、シアターΧ2F)にて開催される企画展『生きている芸術家を走らせる、画狂人! 北斎』に、片岡昌の作品が展示されます。「第12回 シアターΧ 国際舞台芸術祭2016」の中で開催される企画展です。

展示予定の作家一覧が豪華です。
参加作家:細江英公 池田龍雄 線幸子 金井一郎 川井健司 池田良 又木啓子 戸塚和郎 上原木呂 池田忠利 星埜恵子
特別展示:葛飾北斎 アンジェイ・ワイダ ヤン・シュヴァンクマイエル ダダカン(糸井貫二) 片岡昌

第12回 シアターΧ 国際舞台芸術祭2016 『生きている芸術家を走らせる、画狂人! 北斎』
2016年6月25日[土]〜7月10日[日] 12:00〜19:00
入場無料
ギャラリーΧ(シアターΧ2F) (JR総武線,都営地下鉄大江戸線 両国駅 地図,TEL 03-5624-1181)


「片岡昌アトリエ・島立美術館ヨコスカ西海岸」オープンのお知らせ

片岡昌が使用していた横須賀市秋谷のアトリエが、作品展示室として公開されます。今期は本日から11月末まで、どうぞお越しください。

片岡昌アトリエ・島立美術館ヨコスカ西海岸<島開き>展
日時 2016年2月5日(金)〜11月27(日)
   毎週末、金・土・日曜日の正午から日没まで

個人宅での公開のため、展示内容や開廊日が変更になる場合があります。公式サイト 「片岡昌アトリエ・島立美術館ヨコスカ西海岸」 の予定と所在地をご確認の上、お越しください。


9/26より、企画展「タデウシュ・カントル因みの美術・遊・展」に作品展示

9月26日[土]よりギャラリーΧ(両国、シアターΧ2F)にて開催される企画展、「タデウシュ・カントル因みの美術・遊・展」に、片岡昌の作品が展示されます。

タデウシュ・カントル因みの美術・遊・展 [詳細PDF]
2015年9月26日[土]〜10月4日[日] 12:00〜19:00
入場無料
ギャラリーΧ(シアターΧ2F) (JR総武線,都営地下鉄大江戸線 両国駅 地図,TEL 03-5624-1181)

『埋もれし時』シリーズから数点の作品を展示予定です。


7/6より、銀座ギャラリーGKにて片岡昌クロッキー展開催

7月6日[月]より銀座のギャラリーGKにて、片岡昌のクロッキーを集めた個展が開催されます。

これまでほとんど公開される機会の無かった、習作として描かれたクロッキーが展示されます。写実的なものからデフォルメを効かせたものまで、人体の実在感・存在感を感じさせる事が片岡の作品の大きな特徴の一つです。この展示ではその表現を支えてきた、弛まぬ修練の一端をご覧いただけます。

片岡昌展−大クロッキー館−
2015年7月6日[月]〜7月11日[土] 12:00〜19:00(最終日17:00まで)
ギャラリーGK (地下鉄銀座駅B5出口,地図,TEL 03-3571-0105)


冊子「地球方程式」への作品掲載と、ギャラリー時舟での展示報告

冊子「地球方程式」に「暦博士の研究室にて」が収録されました

昨年12月に出版された冊子「地球方程式」に、片岡昌と池田良のコラボレーションによる詩画作品「暦博士の研究室にて」が収録されました。池田良による片岡に関するテキストも収録されています。入手希望の方は出版元 再生可能な未来 へお問い合わせください。

〜虹のかなたに〜 片岡昌 詩と造形・画展 ご報告

昨月1月10日〜25日、ギャラリー時舟(横須賀市東浦賀)にて「〜虹のかなたに〜 片岡昌 詩と造形・画展」(詩・池田良)が開催されました。期間内12日には詩の朗読などのイベントも開催されました。展示写真が ギャラリー時舟のサイト に掲載されています。当サイトでのお知らせが間に合わず申し訳ありませんでした。


NHK放送博物館にて「もう一度会いたい★ひょっこりひょうたん島」展示中です(2015/02/15まで)

「ひょっこりひょうたん島」放送50周年の節目の年という事で、NHK放送博物館 にて企画展示 もう一度会いたい★ひょっこりひょうたん島 が開催されています。

もう一度会いたい★ひょっこりひょうたん島

2014年11月26日[水]〜2015年2月15日[日] 9:30〜16:30
(祝日除く毎週月曜日休館,年末年始 12/26〜1/3 休館)
NHK放送博物館 企画展示室A (地下鉄 神谷町駅 虎ノ門駅 御成門駅, アクセス方法, Google Map, TEL 03-5400-6900)
入場無料


片岡への追悼詩「レクイエム(鎮魂歌)」が「美術運動」誌に掲載されました。

少し昔のお知らせになりますが日本美術会「美術運動」No.141に、池田良による片岡昌への追悼詩「レクイエム(鎮魂歌)」が掲載されています。片岡の作品写真と追悼の詩を組み合わせた作品です。

同記事はWeb版「美術運動」にも掲載されています。以下のリンクよりどうぞ。

池田良 – レクイエム(鎮魂歌)片岡昌 – 美術運動/artmovement


人形劇団ひとみ座「AKIRAのひとみ 〜 片岡昌を偲ぶ4days」開催のお知らせ

人形劇団ひとみ座 により、片岡昌に関するイベントが4日間に渡り開催されます。昨年、ひとみ座主催の追悼イベントとしてご紹介していたものですが、追悼一辺倒ではなく4つの側面から片岡の制作・足跡を紹介するものになります。期間中は作品の展示に加え、ひょっこりひょうたん島, 人形劇, ジャズ, 立体・平面作品 と4つの面で、片岡と共に仕事をしたり懇意であったゲストをお呼びしての講演が行われます。

AKIRAのひとみ 〜 片岡昌を偲ぶ4days

場所: 人形劇団ひとみ座 元住吉駅(東急東横線)よりバス10分/徒歩25分 (ひとみ座公式サイトのアクセス情報, Google地図)
会場オープン時間:

  • 2月8日[土] 15:00〜17:00
  • 2月9日[日] 14:00〜17:00
  • 2月15日[土] 14:00〜17:00
  • 2月16日[日] 14:00〜17:00

会費: 無料
展示(4日間共通): ひとみ座内 第1スタジオ, 第2スタジオ, 小稽古場 に劇人形作品, 立体・平面作品を展示します。
講演内容(ひとみ座第1スタジオ):

  • 2月8日[土] 15:00〜16:00 ひょっこりひょうたん島を語る会
    ゲスト: 武井博(元NHKディレクター), 伊藤悟(ひょうたん島ファンクラブ代表)
  • 2月9日[日] 14:00〜15:30 劇人形を語る会
    ゲスト: おおすみ正秋(演出家), 木村繁(演出家・人形劇団むすび座), 渡辺真知子(人形劇団プーク代表), 伊東史朗(演出家・人形劇団ひとみ座団友)
  • 2月15日[土] 14:00〜15:30 片岡はジャズが好きだった – Jazzセッションとトーク
    ゲスト: 翠川敬基(チェロ奏者), 藤川義明(サックス奏者)
  • 2月16日[日] 14:00〜15:30 片岡昌 夢のつづき – 超次元アートの世界を語る
    ゲスト: 稲木秀臣氏(造形作家), 丸山あつし(造形作家), 相馬秀夫(デジタルアーティスト), 山川靖夫氏(画家・JAALA美術家会議事務局長), 遠藤琢郎(演出家・横浜ボートシアター代表)

人形劇団ひとみ座公演「美女と野獣」

人形劇団ひとみ座の新作人形劇「美女と野獣」が、2014年2月1,2日に上演されます。本日チケット発売日です。

人形劇団ひとみ座は過去4回にわたりこの作品の人形劇化を手がけています(末尾に作品データあり)。2010年の池田20世紀美術館の企画展で、美女「ベル」と野獣「ベトゥ」の展示や、ワークショップでの操作風景をご覧になった方もいると思います。今作の人形はその1975,1976年版をベースにしたリニューアル・バージョンです。片岡は野獣「ベトゥ」の新たなデザインと人形制作の監修、舞台美術の原画を担当し、人形劇の仕事として最後に関わった作品となりました。

人形劇団ひとみ座公演「美女と野獣」

人形劇団ひとみ座の「美女と野獣」紹介ページ
原作: J・L・ド・ボーモン, 脚本:宇野小四郎・伊東史朗, 演出:伊東史朗, 人形美術:片岡昌・高橋ちひろ
日時: 2014年2月 1日[土]14:00 / 18:00 / 2日[日]14:00
場所: 県民共済みらいホール 横浜市桜木町/みなとみらい (地図, Google地図)
料金: 前売2000円, 当日2300円, ひとみ座倶楽部会員1800円 全席指定 4歳以上有料
チケット予約: 人形劇団ひとみ座(電話 044-777-2225 または Webから), CNプレイガイド, セブンチケット セブンコード:026-467, Confetti, 横浜読売プレイガイド

資料: 人形劇団ひとみ座による「美女と野獣」人形劇化作品

1954年 「美女と野獣」脚本・演出:宇野小四郎, 人形美術:片岡昌
1968年 「ベルとまもの」脚本・演出:須田輪太郎, 人形美術:高橋恒喜
1975年 「美女と野獣」脚本:クレイ, 潤色:須田輪太郎, 人形美術:片岡昌
1976年 「美女と野獣」(学校公演向け改訂)脚本:宇野小四郎, 演出:森元勝人, 人形美術:片岡昌