片岡昌アーカイブ・プロジェクト > 片岡昌 展示準備

カテゴリ: 片岡昌 展示準備

予告:日本橋アークネス・アート・ギャラリーにて片岡昌展(5/9〜5/30)

※開催予定を更新しました。

先日、片岡昌の次回展覧会の打ち合わせのため、日本橋のアークネス・アート・ギャラリーを訪問しました。


黒壁のフロア(改装中)


白壁のフロア
(アークネス製品のバッグ展示中)

アークネス・アート・ギャラリーには2つのフロアがあり、それぞれ黒壁・白壁と対照的な内装になっています。今回は、ここに LIFE / DESIGN という2つのテーマでの展示を行います。片岡昌の作品に宿る生命力と、デザインの面白さを堪能いただける展覧会になります。昨年の展覧会でも未展示の旧作もたくさんあり、最新作(仮面2点)も展示予定です。是非お越し下さい。展示内容の詳細など、このブログで報告していきます。

■アークネス・アート・ギャラリー グランドオープン記念展
片岡昌 LIFE / DESIGN
2011/5/9(月)-5/30(月)
12:00-20:00 (土日は11:00-18:00, 会期中休館日無し)

アークネス・アート・ギャラリーを運営しているアークネス・ジャパン株式会社はバッグを制作しています。こちらは、白壁のギャラリーフロアでショーケースとして展示中のバッグの中から、お気に入りのバッグを見つけて肩にかけている片岡昌の写真です。

なぜバッグを肩にかけているのかは…次回の更新でお知らせします。


片岡昌展、もうすぐ開催です

更新の間が空いてしまいました。バタバタしていますが、展覧会の準備は順調です!

(左上から写真1,2) 横須賀市の片岡昌邸より、立体作品の搬出の様子
(写真3) 作品の修復の様子
(写真4,5,6) 劇人形のチェックと、設営準備の様子です。

いよいよ明後日、7月1日から会期スタートです。展覧会の様子や、展示の内容もこちらでどんどん紹介して行きますので、お楽しみに!


劇人形の遣い方映像撮影しました!

6/12にひとみ座を訪れ、片岡昌展で上映する映像を撮影しました。

実は劇人形の操り方には様々なものがあります。「手遣い」「棒遣い」「糸操り」などなど。今回は一般的な方法から、片岡が工夫したひとみ座ならではの方法まで撮影しました。

上の写真はひとみ座劇団員の田坂晴男と片岡がマクベス’09のマクダフを操っているところです。これは「出遣い」と呼ばれる操演方法で、人形の後ろの操っている人間も見えるという構造です。大きな人形を生き生きと操るのには、訓練を要しますが、堂々とした風格のある演技が出来るため、見応え満点な方法です。

片岡昌展では、映像と劇人形をあわせてお楽しみ下さい。

今後人形劇を見に行く際は、遣い方にも注目してみて下さいね!


チラシ、ポスターが届きました

片岡昌展のチラシ、ポスターが届きました。
月曜以降、各所に置いていただいたり、貼っていただく予定です。
ちなみにこんな内容になっています。

チラシを配っていただけたり、ポスターを貼っていただける方、場所がございましたら、連絡先に掲載のメールアドレスか、@AkiraKataokaAPまでご連絡ください。よろしくおねがいします!

 

ひとみ座にて写真撮影をしました

5月22日に人形劇団ひとみ座にお邪魔して劇人形の撮影をしました。

膨大な量の人形が青いケースに吊られて収納されています。

これは1964〜69年にNHKで『ひょっこりひょうたん島』が放送された際に使われた人形が納められたケースを調査しているところです。残念ながらオリジナル版の人形は使用中に壊れてしまうこともあり、現在では多くが損失してしまっています。

今回の展示では現存する貴重な人形達から選別し、期間限定でオリジナル人形展示強化週間を設けますので、どうぞご期待下さい!


展示計画図面…作成中…

片岡昌展の展示計画図面を作成中です。

まだ確定ではないので、これから内容が変わるかとは思いますが、展示計画の一部を掲載します。かなりボリュームのある企画展になりますので、お楽しみに!

明日は会場に2回目の下見に行って、図面と付き合わせて確認をしてきます!


『アフリカンマザー』の組み立て作業

4月11日に再度アトリエを訪問し、片岡の組み立て立体作品『アフリカンマザー』の組み立て作業の予行練習と撮影を行いました。3m近いかなり大きな作品なので、組み立ては一苦労です。今回は三人で作業しましたが、作品制作時には一人で全て行っていたというのですから驚きです。それでは、効率の良い方法を思い出しながら作業開始です!

組み立てが完成した後に、電源を入れるとマザーのお腹の部分にいるベビーがくるくると回転します。動きにも問題がなかったので一安心。多少塗装が剥げている部分もあったので、修復し展示することになりました。次第に組み上げられていく様はダイナミックで面白いものですね。


片岡昌アトリエ写真

2009年12月某日に、片岡昌の逗子にあるアトリエを訪問しました。うっそうとした木々の奥にある自宅兼アトリエは、彼の作品世界を彷彿とさせるよう穏やかなユーモアを讃えた、飄々としたたたずまいでした。

木をふんだんにつかったアトリエにはやわらかい自然光が入り、曲線的な丸みをおびたしつらえの手作りの家具やオーディオ機器が設置されており、なんとも心地よい空間でした。