片岡昌アーカイブ・プロジェクト > 片岡昌 展示情報

カテゴリ: 片岡昌 展示情報

人形劇団ひとみ座「AKIRAのひとみ 〜 片岡昌を偲ぶ4days」開催のお知らせ

人形劇団ひとみ座 により、片岡昌に関するイベントが4日間に渡り開催されます。昨年、ひとみ座主催の追悼イベントとしてご紹介していたものですが、追悼一辺倒ではなく4つの側面から片岡の制作・足跡を紹介するものになります。期間中は作品の展示に加え、ひょっこりひょうたん島, 人形劇, ジャズ, 立体・平面作品 と4つの面で、片岡と共に仕事をしたり懇意であったゲストをお呼びしての講演が行われます。

AKIRAのひとみ 〜 片岡昌を偲ぶ4days

場所: 人形劇団ひとみ座 元住吉駅(東急東横線)よりバス10分/徒歩25分 (ひとみ座公式サイトのアクセス情報, Google地図)
会場オープン時間:

  • 2月8日[土] 15:00〜17:00
  • 2月9日[日] 14:00〜17:00
  • 2月15日[土] 14:00〜17:00
  • 2月16日[日] 14:00〜17:00

会費: 無料
展示(4日間共通): ひとみ座内 第1スタジオ, 第2スタジオ, 小稽古場 に劇人形作品, 立体・平面作品を展示します。
講演内容(ひとみ座第1スタジオ):

  • 2月8日[土] 15:00〜16:00 ひょっこりひょうたん島を語る会
    ゲスト: 武井博(元NHKディレクター), 伊藤悟(ひょうたん島ファンクラブ代表)
  • 2月9日[日] 14:00〜15:30 劇人形を語る会
    ゲスト: おおすみ正秋(演出家), 木村繁(演出家・人形劇団むすび座), 渡辺真知子(人形劇団プーク代表), 伊東史朗(演出家・人形劇団ひとみ座団友)
  • 2月15日[土] 14:00〜15:30 片岡はジャズが好きだった – Jazzセッションとトーク
    ゲスト: 翠川敬基(チェロ奏者), 藤川義明(サックス奏者)
  • 2月16日[日] 14:00〜15:30 片岡昌 夢のつづき – 超次元アートの世界を語る
    ゲスト: 稲木秀臣氏(造形作家), 丸山あつし(造形作家), 相馬秀夫(デジタルアーティスト), 山川靖夫氏(画家・JAALA美術家会議事務局長), 遠藤琢郎(演出家・横浜ボートシアター代表)

8月10日[土] 個展開催中の Gallery+Arkness にて追悼ギャラリートーク・イベントを行います

個展 Shadows and Spheres 開催中の Gallery+Arkness にてギャラリートークを行います。

追悼ギャラリートーク・イベント
2013年8月10日[土] 18:00〜
トーク:片岡ハルカ(片岡昌アーカイブ・プロジェクト)
Gallery+Arkness (半蔵門線・銀座線「三越前」総武本線「新日本橋」 中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋4F) [Google Map], TEL:03-6214-0328)

展示されている作品達と共に片岡昌の近年の活動を振り返り、皆様と追悼の時間を共有したいと思います。

同個展は11日までの開催(最終日17時まで)です。この週末にお越し下さい。 [Shadows and Spheres展 詳細] [展示写真]


Shadows and Spheres (Gallery+Arkness) 展示写真です。

本日より8月11日[日]までです。[Shadows and Spheres 詳細]

近年の作品を中心に集めました。こちらで会場のパノラマをご覧下さい(スマートフォンか、Microsoft Silverlightインストールしたパソコンが必要です)

2メートルを超える大型作品「カガヤク未来」は、「球体関節人形展」(東京都現代美術館)の出品向けに作られた「SF+球体関節風」の作品です。

[Shadows and Spheres 詳細]


7/26[金]-8/11[日] 日本橋 Gallery+Arkness にて片岡昌個展 Shadows and Spheres 開催

7/26[金]より、日本橋 Gallery+Arkness にて Shadows and Spheres と題した個展を開催します。

今回は2010年以降に制作された デジタル・シャドウシリーズ と、2004・2009年に制作された球体をモチーフとした作品を中心に展示します。

会場は、一昨年 LIFE/DESIGN展 を開催した、アークネス・アート・ギャラリーと同じ場所です。本展は同会場の Gallery+Arkness としてのリニューアルオープン展となります。

片岡昌 Shadows and Spheres
2013年7月26日[金]〜8月11日[日] 12:00〜19:00(最終日〜17:00)
Gallery+Arkness (半蔵門線・銀座線「三越前」総武本線「新日本橋」 中央区日本橋本町1-4-3 ヴィラアート日本橋4F) [Google Map], TEL:03-6214-0328)

なお病気療養中のため、片岡は在廊しない予定です。


6/20[木]-29[土] 京橋アートスペース繭にて片岡昌の「仮面」展開催

6/20[木]より、アートスペース繭にて個展が開催されます。プリミティブとモダン、2つの切り口で片岡の「仮面」を集めました。

片岡昌の「仮面」
2013年6月20日[木]〜29日[土] 11:00〜19:00 (日曜休廊)
アートスペース繭 (銀座線京橋駅/浅草線宝町駅) [地図] [Google Map],TEL 03-3561-8225)

なお本展には、片岡は在廊しない予定です。


15日まで、銀座井上画廊にて「埋もれし時」展開催

本日より15日まで、銀座井上画廊にて個展が開催されます。戦時中の市街・農村を描いた「シチュエーションアート 埋もれし時」シリーズの作品群を、奥行きあるスペースでご鑑賞頂けます。

片岡 昌 「シチュエーションアート 埋もれし時」 in GINZA
2012年12月3日[月]〜15日[土] 11:00〜19:00 (最終日16:00まで)
銀座 井上画廊 (地下鉄銀座駅A13出口 松屋向かい 井上商会ビル3F,地図,TEL 03-3562-1911)

偶然ではありますが、隣国との緊張関係も争点となる選挙が近づくタイミングでの開催となりました。作家が込めた反戦への想いも改めて確認していただきたいです。

なお本展には、片岡は在廊しない予定です。


10月22日より、銀座ギャラリーGKにて片岡昌展開催

10/22[月]より、銀座のギャラリーGKにて、片岡昌の個展を開催します。白と黒のシルエットに切り出された板で構成された人物像シリーズの、新作が展示されます。

片岡昌展
2012年10月22日[月]〜27日[土] 12:00〜19:00 (最終日17:00まで)
ギャラリーGK (地下鉄銀座駅B5出口,地図,TEL 03-3571-0105)
なお本展には、片岡は在廊しない予定です。


山形 シベールアリーナにて、片岡昌の作品展&講演会

山形県山形市の シベールアリーナ&遅筆堂文庫 にて、片岡昌の作品展&講演会が開かれます。

作品展示は10月18日より11月13日まで開催中。「ちまた」「埋もれし時」を中心にご覧頂けます。

講演会は 10月30日(日) 14:00 から、チケット発売中です。

どちらも詳細は シベールアリーナ&遅筆堂文庫 ページよりご確認下さい。

※「遅筆堂文庫」は “ひょっこりひょうたん島” 脚本家の、井上ひさし氏の蔵書が閲覧できる図書館です。


『片岡昌 LIFE/DESIGN』展示写真です。

アークネス・アート・ギャラリー『片岡昌 LIFE/DESIGN』の展示写真です。(開催期間 5/9〜5/30, 詳細は “『片岡昌 LIFE/DESIGN』はじまりました” をご覧下さい)

上段8枚の写真はB2F, 白い内装のフロアから。『アフリカンマザー』と、それを取り囲む『仮面』シリーズがお出迎え。片岡昌セレクトのジャズが自作のスピーカーから流れています。奥には片岡がデザイン・制作し、実際に使用しているカバン・家具や改造カメラを展示しました。

下段7枚の写真は4F, 黒い内装のフロアです。手前は狭い通路を取り囲む様に『STRIPED STREET』シリーズの大きな平面作品を展示しました。迷路の様な感覚です。奥は開けたスペースに、『人間動物園』『怪奇と幻想展』『動く立体』の各シリーズの作品を展示しました。真っ黒い暗闇のスペースに、ぼわっと作品が浮かぶ不気味で不思議な空間です。


アークネス・アート・ギャラリーにて『片岡昌 LIFE/DESIGN』はじまりました

本日5/9より、アークネス・アート・ギャラリーにて『片岡昌 LIFE/DESIGN』がはじまりました。B2F, 4Fの2フロアを活用し、過去作から最新作まで揃えた見応えのある展示です。30日まで3週間の開催です。

展示写真を掲載しました。

アークネス・アート・ギャラリー グランドオープン記念展

2011年5月9日(月) – 5月30日(月)
アークネス・アート・ギャラリー(中央区日本橋, 三越前駅, 地図
開館時間: 12:00-20:00 (土日は11:00-18:00)
12(木),26(木)の昼すぎはB2Fのみ休廊
イベント: 21(土) 15:00〜 片岡昌トークショー

ギャラリーの特徴である、「黒」「白」と対照的な色で内装された2フロア(B2F, 4F)を利用し、「プリミティブな生命力を感じさせる作品」「人間の生活や活動を
感じさせる作品」をそれぞれ展示します。加えて、片岡昌の知られざる
創作活動のひとつとして、本人が自ら使用するためにデザインしたバッ
グ・スピーカー等の生活用品を展示します。